Skip to content

SLOT House (Research)

京都では、鰻の寝床と言われる間口が狭く奥に長い敷地が一般的である。このような制限の中でどのようにしたら豊かでかつダイナミックな住環境を作り出すことができるのだろうか?
SLOT Houseでは5.5m幅の敷地を想定した。垂直に伸びる二枚のカーブした壁とプライベートの空間そしてパブリックな空間で構成される。二枚のカーブした壁の中には階段と収納が納められており、様々な天井高のそれぞれのスペースを明確にする。壁は厚いところと、光と家族の気配を感じるためにルーバーのところがある。この家ではコンパクトなスペースと広がりのあるスペースが時には重なり合いながら混在する。
厳しい制限の中でも、この家は流動的で広々とした空間があり、陽気だ。