Skip to content

Villa K2 (芦屋)

芦屋市奥池の閑静な住宅街に建つこの2世帯住宅は、多くの陽が降りそそぐ がプライバシーも守られている。国立公園にあるこの敷地では、大きな 木を切ることは許されない。敷地に点在する木々の間を泳ぐようにこの 家は設計された。 南向きにある大きな窓は多くの陽を取り入れるが、東にせり出す壁が 隣家からの視線を遮り、東側の小さい窓は外の景色を寝室に取り入れ ながらも、プライバシーを守ってくれる。 浮遊したキッチンからは訪問者、リビング、子供部屋、寝室、庭が 見渡せるようになっている。 カーブした畳の‘露地’が日常の喧噪から、静の空間‘茶室’へと 導いてくれる。